上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

電気圧力鍋

Category: ヘルス  

自炊するときに絶対おすすめなのが電気圧力鍋です。

これをなぜ買ったかというと、玄米を食べたかったからなんです。

でも、そのうち、鍋や煮物をするのにとても便利ということに気づきました。

普通の圧力鍋でもいいんですが、火加減とか、フタを開けるタイミングとか、ちょっと怖い感じがして、自分では使いそうもなかったんです。

電気圧力鍋は、ボタンを押すだけで、あとは全部やっておいてくれます。

ピンが下りていればフタを開けられます。

玄米やご飯は普通に玄米、白米モードがあるので、それで炊くだけ。

鍋にするときは、材料や必要な調味料などを入れて、野菜の一番時間の少ないので加圧します。

煮物はもっと簡単で、必要なものを入れて、1分加圧するだけです。

私の場合は、そのあと、鍋に移して調味したりします。

もちろん、調味料を入れて終わりっていうこともできます。

あまり加圧しすぎると、野菜が柔らかくなりすぎるので、1分だけなんですが、野菜を大きく切っても、ふわふわに柔らかくなってます。

本当はもう少し歯ごたえを残したいんですけどね。

なら、加圧しなければよいと思うかもしれないんですが、

加圧したら、肉の脂などがしみ込んで、コトコトと長時間に込んだような、得も言われぬおいしさになるんです。

私はお肉は1回調理で50gくらいしか使わないので、野菜用に煮込んでもばっちりです。

私の電気圧力鍋はスロークッカーが付いていますが、これはあってもなくてもどっちでもいいかなぁ。

今後、もしかしたら、これがすごくおいしい!っていうのが出てくるかもしれないですが。

材料を入れておけばおいしく作ってくれるので、おすすめですよ~


スポンサーサイト
 2018_04_24


生理的な理由から来る頻尿の原因としては、冷え性で体が冷える、冬場など汗をかかない、利尿作用のある飲み物やアルコールをたくさん飲む、ビタミンCをたくさん摂るといったことです。

女性の場合、生理の前後や妊娠中も頻尿が起こりやすくなります。

医学的には朝目覚めてから夜寝る前までの時間に10回以上排尿をする症状を頻尿といいます。

ですが、運動量、季節、飲み物の種類、量などによって排尿の回数には個人差があります。

生理的な原因から来る頻尿についてはセルフケアで対応できますが、病的な原因から来る頻尿には注意が必要です。

病的な原因とは、例えば、排尿時や排尿後に痛みを感じる膀胱炎、尿が溜まったときに痛くなる間質性膀胱炎、尿意を感じるとすぐに排尿したくなる過活動膀胱、無理な排尿の習慣が脅迫観念になる神経性品用などがあります。
こういった症状があるときは泌尿器科を受信する必要があります。
 2011_02_14

クルクミン

Category: ヘルス  

クルクミンはウコンに含まれる黄色の色素成分。

クルクミンは3つの作用があり、ひとつは抗酸化作用、2つ目は抗炎症作用、3つ目は肝機能改善作用です。

カラダの中では、酸素をエネルギーに買えるとき活性酸素が発生しますが、活性酸素は、組織や器官の細胞を傷つけます。SODという酵素が除去してくれますが、ストレスや免疫力の低下が原因となって、活性酸素の量が増えると、このSODだけでは対応できなくなります。

クルクミンはこのSODと同じ働きをして活性酸素除去の手助けをするといわれています。

クルクミンの多く含む素材は秋ウコン、春ウコン、ガジュツが有名です。元もクルクミンの含有量が多いのは秋ウコンです。

クルクミンを摂るのにはカレーが一番効果的です。カレー粉のスパイスに使われているターメリックはクルクミンを含んでいます。

ビタミンEやβカロテンなどと一緒に取るとより強い抗酸化作用が期待できるそうですよ。
 2010_12_27


カプサイシンは体の中で生成されないので、体の中にはもともと存在していません。
効果を得るためには食品などから摂る必要があります。
特に注目する働きは、脂肪代謝、エネルギー代謝促進作用です。
カプサイシンは、体脂肪の消費を促すホルモンの分泌を活発にする作用があるといわれています。
なので、よくダイエットによいということを聞きますよね。

また、カプサイシンは、胃液分泌を促して消化を助ける働きがあるそうです。
そのため、消化が悪くなって、食欲がなくなっているときなどにも効果が期待できます。
医薬品として、胃の調子を整える健胃薬、筋肉痛の緩和、凍傷の改善などが期待できる局所刺激成分として利用されています。

カプサイシンは胃液分泌を促して消化を助けます。胃液にはたんぱく分解酵素や脂質分解酵素が含まれているので、ステーキや焼肉、揚げ物などを食べるときに摂ることで、消化されやすくなります。
カプサイシンの働きは、摂ってから15分後くらいまで上昇して、75~105分後がピークで、体に蓄積されないため、1日に2~3買いに分けて摂るのが効果的です。


 2010_06_18


ダイエットする女性のなかで、よく起こるトラブルでが生理不順だそうです。

生理不順は子宮の病気のサインや、ストレスなどによるホルモンバランスの崩れから起こるようです。

最近では脂肪がホルモンバランスと関係があることがわかってきたみたいです。
急激なダイエットをして脂肪が減ることと、それによるストレスから、生理不順を起こす女性が多くなっているとのことです。

それを解消してくれる効果が期待できるのが、「イソフラボン」「マカ」「プエラリア」などです。

ダイエットで人気のサプリメントの中でも、生理不順や女性ホルモンに効果があるものを摂り入れることで、回復が期待できるかもしれません。
 2010_01_08


B
A
C
K

T
O

T
O
P

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。