今夜も眠れない・・・

悩み?冷え性?カフェイン?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

体験コースを受けてサロンを選ぶ


エステを選ぶときはどのようにしていますか。

知り合いの人が通っているというような場合は比較的その雰囲気などを把握しやすいですが、口コミなどでは、実際に行くのとは違うかもしれないので、やはり申し込む前には体験をしてみるのが良いでしょう。

体験コースを設けているところもありますが、どうしても行ってみたいけど、体験コースが無いという場合でも、安くはならなくても1回だけなにかを体験してみれると思います。

値段とかもそうなのですが、スタッフの雰囲気やお店の内装なども、自分が好きな感じのほうがいいと思います。

せっかくお金を払って行くのですから・・・

たいていは、なんとなくお店のつくりを見ると、大体のことは分かるような気もしますが。

ですが、やはりスタッフと気が合いそうかというのは行ってみないと分からないので、試してみたほうがいいと思います。
スポンサーサイト
別窓 | 美容 | コメント:0 | ∧top | under∨

フェイシャルエステ


エステと聞くと、まず何を最初に思い浮かべますか?

私は痩身ですが、皆さんはフェイシャルかもしれませんね。

ほとんどの人は、年齢などは顔を見て判断する人が多いので、気になる部分ですよね。

フェイシャルエステは、肌がキレイになるだけではなくて、マッサージによって小顔効果などもあります。

筋肉を刺激するので、血行促進されたるみやむくみなども解消されます。

私もエステに通っていたことがあり、1度だけフェイシャルのコースを受けたことがあるのですが、そのときは特に肌のトラブルも無かったですし、1回ではなかなか効果を実感することができませんでした。

定期的に受けることで効果もわかるし、新陳代謝も活発になって美肌効果も出てきます。


フェイシャルエステをしているサロンはたくさんあって、使っている化粧品や内容もまちまちです。

サロンによって得意な分野も違うので、自分に肌悩みが得意なサロンを選ぶようにするといいと思います。
別窓 | 美容 | コメント:0 | ∧top | under∨

ヒフミドの化粧品



乾燥肌や敏感肌、アトピー肌の人のスキンケアにセラミド配合のものが人気になっています。

その中でも、人気があるのが小林製薬の「ヒフミド」。

ヒフミドの人気の秘密は、配合されているセラミドにあります。

ヒフミドのセラミドは、人の肌と同じ成分の天然型セラミド2というもの。

成分がよりいっそう肌に浸透しやすく作られているそうです。

さらに、無添加でお肌に優しく、誰でも安心して使えるようになっています。

ヒフミドは通販のみの化粧品ですが、送料は一個から無料なので買いやすくなっています。

実際にトライアルセットを使ってみましたが、使ううちにお肌の調子が良くなってきて、リピしました。

お値段は買いやすい上に、割引などなって安く買えます。

トライアルセットは、スパバッグも付いてきて980円ととてもお得です。

hifmid(ヒフミド)お試しスパバッグセット>>
別窓 | 美容 | コメント:0 | ∧top | under∨

コラーゲンの効果

美肌効果がある成分のなかで特に人気が高く誰でも知っているものといえばコラーゲンだと思います。

食品にもたくさんふくまれていて身近な成分なので知名度が高いということもあると思います。

コラーゲンのサプリメントもとても人気があります。

食品にも含まれているのですが、たくさん摂ろうとすると、豚足や軟骨や鶏の皮などちょっといつも食べないような食材を摂る必要があるし、カロリーも高いものが多いので、コラーゲンのサプリが人気なのかもしれませんね。

コラーゲンの美肌の効果はかなり高いといわれていて、特に皮膚にハリを持たせる効果が高く、保湿効果もとても高いといわれています。

コラーゲンに効果はありますが、あくまで補助品。
それさえ摂ればお肌がツルツルになるということもないのでその他の食事にも気を使って、美肌を作ることが必要です。
別窓 | 美容 | コメント:0 | ∧top | under∨

洗顔が肌を傷つける?

洗顔のときは、とにかく刺激を与えないように優しく洗顔しましょう。

敏感は打破特に物理的刺激が一番良くないので、毎日の洗顔でお肌にダメージを与えていることもあります。

お肌が敏感になっているときは、洗顔料選びもやさしさを重視して、お肌と同じ弱酸性で低刺激のものがオススメです。

必要な潤いを残して、汚れはしっかり落とすものがいいです。

潤いを守る保湿成分や美容成分が配合されているかもチェックしましょう。

洗うときに濡れた肌をゴシゴシとこすると、角層がめくれあがってしまうので、石けんをしっかり泡立てて、手と顔の間で泡を転がすと言う感覚で洗いましょう。

お湯の温度はぬるま湯で洗います。熱すぎるとお肌の乾燥を進めてしまうので避けて、タオルで拭くときも無意識にこすっている場合があるので、注意します。
別窓 | 美容 | コメント:0 | ∧top | under∨
| 今夜も眠れない・・・ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。