今夜も眠れない・・・

悩み?冷え性?カフェイン?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

クルクミン

クルクミンはウコンに含まれる黄色の色素成分。

クルクミンは3つの作用があり、ひとつは抗酸化作用、2つ目は抗炎症作用、3つ目は肝機能改善作用です。

カラダの中では、酸素をエネルギーに買えるとき活性酸素が発生しますが、活性酸素は、組織や器官の細胞を傷つけます。SODという酵素が除去してくれますが、ストレスや免疫力の低下が原因となって、活性酸素の量が増えると、このSODだけでは対応できなくなります。

クルクミンはこのSODと同じ働きをして活性酸素除去の手助けをするといわれています。

クルクミンの多く含む素材は秋ウコン、春ウコン、ガジュツが有名です。元もクルクミンの含有量が多いのは秋ウコンです。

クルクミンを摂るのにはカレーが一番効果的です。カレー粉のスパイスに使われているターメリックはクルクミンを含んでいます。

ビタミンEやβカロテンなどと一緒に取るとより強い抗酸化作用が期待できるそうですよ。
スポンサーサイト
別窓 | ヘルス | コメント:0 | ∧top | under∨

香水の選び方

香水を選ぶときってどういうものを参考にしていますか?
まずは、口コミや香水の説明などから、めぼしいものを選んで、ある程度絞ってから、実際に香りをためしに行くといいですね。

自分のことを言えば、女性用の香水はくどいものが多いような気がして、なんどか香りを試すうちに、男性用の爽やか系の香水が自分に合っていると思うようになりました。
香水は、時間によって変わっていくので、実際に使って見ないと、会っているのかどうか判断が付かない場合があります。

目的で香水を選ぶという方法もあります、遊びに行くときにつけるのか、会社で使うのか、デート用なのか。。
そういった目的を持つと、選びやすくなるというのもあります。

あとは、ボトル、見た目で選ぶという手もあります。
香水好きで、意外とどんなものでもこなせるという人は、ボトルを見る楽しみもあるので、こんな選び方もお勧めです。

誰かが付けていて良い香りだと思うものを使ってみるというのもありますよね。
でも、香水はある程度体臭などとも交じり合ったりして、複雑にかわるため、全く同じ香りになるとは限りませんが。

実際に、すごくいい香りの(見知らぬ)女性が居て、いいなぁと思いましたが、なかなか聞けませんけどね。。

別窓 | 美容 | コメント:0 | ∧top | under∨
| 今夜も眠れない・・・ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。