上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--




乾燥肌や敏感肌、アトピー肌の人のスキンケアにセラミド配合のものが人気になっています。

その中でも、人気があるのが小林製薬の「ヒフミド」。

ヒフミドの人気の秘密は、配合されているセラミドにあります。

ヒフミドのセラミドは、人の肌と同じ成分の天然型セラミド2というもの。

成分がよりいっそう肌に浸透しやすく作られているそうです。

さらに、無添加でお肌に優しく、誰でも安心して使えるようになっています。

ヒフミドは通販のみの化粧品ですが、送料は一個から無料なので買いやすくなっています。

実際にトライアルセットを使ってみましたが、使ううちにお肌の調子が良くなってきて、リピしました。

お値段は買いやすい上に、割引などなって安く買えます。

トライアルセットは、スパバッグも付いてきて980円ととてもお得です。

hifmid(ヒフミド)お試しスパバッグセット>>

 2011_04_27


アロマセラピーを一般の人に知ってもってその効果を正しく試してもらうめに、アロマセラピーを専門に取り扱う人が、アロマセラピーアドバイザーです。
アロマセラピーアドバイザーはアロマセラピーの販売にも携わっています。

アロマセラピーアドバイザーは正式に認められた資格で、エッセンシャルオイルを始めとするアロマセラピーの材料の使い方やリラクゼーション効能、アロマセラピーの効用についての知識を持っている人たちです。

また安全性、アロマセラピーについての法律に関してといったことを理解し、これらの知識を社会に正しく広めることができる資格です。
取得した資格は年度ごとに更新手続きがいります。

アロマセラピー検定は毎年5月と11月の年2回開催されていて、1級に合格すると講習会に参加することができ、受講後に登録を行うと資格を取得することができます。

アロマセラピー検定に関しては1級と2級の2つあり、2級は自分自身がアロマセラピーを楽しんで健康促進させるといった感じの知識について出題されます。

1級は家族や友人など周囲の人と一緒にアロマセラピーを楽しんで健康促進させるための知識について出題されます。

受験料は1級、2級共に6,300円。同日に両方受験することもできます。

テーマ : 資格試験    ジャンル : 就職・お仕事
 2011_04_06


美肌効果がある成分のなかで特に人気が高く誰でも知っているものといえばコラーゲンだと思います。

食品にもたくさんふくまれていて身近な成分なので知名度が高いということもあると思います。

コラーゲンのサプリメントもとても人気があります。

食品にも含まれているのですが、たくさん摂ろうとすると、豚足や軟骨や鶏の皮などちょっといつも食べないような食材を摂る必要があるし、カロリーも高いものが多いので、コラーゲンのサプリが人気なのかもしれませんね。

コラーゲンの美肌の効果はかなり高いといわれていて、特に皮膚にハリを持たせる効果が高く、保湿効果もとても高いといわれています。

コラーゲンに効果はありますが、あくまで補助品。
それさえ摂ればお肌がツルツルになるということもないのでその他の食事にも気を使って、美肌を作ることが必要です。
 2011_03_24


洗顔のときは、とにかく刺激を与えないように優しく洗顔しましょう。

敏感は打破特に物理的刺激が一番良くないので、毎日の洗顔でお肌にダメージを与えていることもあります。

お肌が敏感になっているときは、洗顔料選びもやさしさを重視して、お肌と同じ弱酸性で低刺激のものがオススメです。

必要な潤いを残して、汚れはしっかり落とすものがいいです。

潤いを守る保湿成分や美容成分が配合されているかもチェックしましょう。

洗うときに濡れた肌をゴシゴシとこすると、角層がめくれあがってしまうので、石けんをしっかり泡立てて、手と顔の間で泡を転がすと言う感覚で洗いましょう。

お湯の温度はぬるま湯で洗います。熱すぎるとお肌の乾燥を進めてしまうので避けて、タオルで拭くときも無意識にこすっている場合があるので、注意します。

 2011_02_28


生理的な理由から来る頻尿の原因としては、冷え性で体が冷える、冬場など汗をかかない、利尿作用のある飲み物やアルコールをたくさん飲む、ビタミンCをたくさん摂るといったことです。

女性の場合、生理の前後や妊娠中も頻尿が起こりやすくなります。

医学的には朝目覚めてから夜寝る前までの時間に10回以上排尿をする症状を頻尿といいます。

ですが、運動量、季節、飲み物の種類、量などによって排尿の回数には個人差があります。

生理的な原因から来る頻尿についてはセルフケアで対応できますが、病的な原因から来る頻尿には注意が必要です。

病的な原因とは、例えば、排尿時や排尿後に痛みを感じる膀胱炎、尿が溜まったときに痛くなる間質性膀胱炎、尿意を感じるとすぐに排尿したくなる過活動膀胱、無理な排尿の習慣が脅迫観念になる神経性品用などがあります。
こういった症状があるときは泌尿器科を受信する必要があります。
 2011_02_14


B
A
C
K

T
O

T
O
P

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。